小倉動物病院 日曜診療・予約診療・ペットホテル、北九州市小倉

メニュー

スタッフ紹介

院長紹介

矢吹 淳( Jun Yabuki )
  • 2006年3月 宮崎大学獣医学科卒(外科学研究室)
  • 2006年4月~2011年3月 小出動物病院(井笠動物医療センター:岡山県)にて研修医、勤務医
  • 2011年5月~2013年2月 はら動物病院(北九州市)にて開業準備をしながら勤務医
  • 2013年4月 小倉動物病院開院
興味のある分野
外科全般(特に肝胆道系疾患)、画像診断(エコー)
所属学会
日本獣医師会、北九州市獣医師会、日本小動物獣医師会、動物臨床医学会、日本獣医麻酔外科学会
学会・研究会発表歴

短期的胆管ドレナージが有効であった閉塞性黄疸の犬の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子

  • 第42回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2006年8月(岡山市)
  • 平成18年日本小動物獣医学会〔中国〕,一般講演,2006年10月(広島市)
  • 第27回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2006年11月(大阪市)

長期内科的治療歴を有する肝内性門脈体循環短絡症犬における外科的治験例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子

  • 第27回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2006年11月(大阪市)

副腎腫瘍を伴っていた肝細胞癌の犬の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,酒井秀夫

  • 第43回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2007年8月5日(岡山市)

内分泌系腫瘍を合併した肝細胞癌の犬の2例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,酒井秀夫

  • 平成19年度日本小動物獣医学会〔中国〕,一般口演,2007年10月7日(山口市)
  • 第28回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2007年11月18日(大阪市)

腫瘤型肝細胞癌犬 25 症例における外科治療成績
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,酒井秀夫

  • 平成20年度日本小動物獣医学会〔中国〕,一般口演,2008年10月12日(鳥取米子市)
  • 第44回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2008年8月10日(岡山市)

外科治療を行った腫瘤型肝細胞癌犬 25 症例の臨床検査所見と治療成績
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,酒井秀夫

  • 第29回動物臨床医学会年次大会,一般口演,2008年11月16日(大阪市)

捻転を伴った生殖器腫瘍の犬の2例
矢吹淳,小出由紀子,小出和欣

  • 第29回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2008年11月15日(大阪市)

胸腔内異物に起因したと思われる肺扁平上皮癌の犬の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 第45回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2009年8月9(岡山市)
  • 第30回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2009年11月22日(大阪市)

肝外胆管内に発生した腫瘍により重度の胆管拡張を伴う肝外胆管閉塞を起こした猫の外科的治療例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 第45回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2009年8月9日(岡山市)
  • 平成21年度日本小動物獣医学会〔中国〕,一般口演,2009年10月11日(島根県松江市)
  • 第30回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2009年11月22日(大阪市)

外科切除と化学療法により長期生存している犬の限局性肝臓原発血管肉腫の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 岡山県開業部会,研究発表,2010年8月8日(岡山市)
  • 平成22年度日本小動物獣医学会〔中国〕,一般口演,2010年10月10日(岡山市)
  • 第31回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2010年11月21日(大阪市)

子宮断端蓄膿症を発症した犬の卵巣遺残症候群の2例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 第31回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2010年11月21日(大阪市)

短期的総胆管ステント留置が有効であった閉塞性黄疸の猫の1例
矢吹淳,原喜久治,安藤崇則,池園由希子

  • 平成24年度日本小動物獣医学会〔九州〕,一般口演,2012年10月14日(宮﨑市)

胆嚢破裂から数日経過していた胆嚢粘液嚢腫の犬の1例
矢吹淳,矢吹智子

  • 平成25年度日本小動物獣医学会〔九州〕,一般口演,2013年10月12日(大分市)

胆石により肝外胆管閉塞を起こした猫の2例
矢吹淳,矢吹智子

  • 第34回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2013年11月16日(大阪市)

膵外分泌不全を併発していた先天性門脈体循環短絡症の犬の1例
矢吹淳,矢吹智子

  • 平成26年度日本小動物獣医学会〔九州〕,一般口演,2014年10月4日(鹿児島市)
  • 第35回動物臨床医学会年次大会,症例検討,2014年11月16日(大阪市)

肝葉切除と後天性門脈シャントの閉鎖により治療した先天性肝動静脈瘻の猫の1例
矢吹淳、野村雅史、藤岡崇伯、矢吹智子

  • 第22回九州地区小動物獣医学会 卒後研修会,一般口演,2015年6月7日(北九州市)
    →坂本賞(最優秀演題賞)受賞
研究論文

外科治療を行った腫瘤型肝細胞癌の犬28症例の臨床検査所見と治療成績
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 動物臨床医学,原著,18(4):93-100,2009

外科切除と化学療法により長期生存している犬の限局性肝臓原発血管肉腫の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子,浅枝英希

  • 動物臨床医学,症例報告,19(4):135-140,2010

短期的総胆管ステント留置が有効であった閉塞性黄疸の犬の1例
矢吹淳,小出和欣,小出由紀子

  • 動物臨床医学,症例報告,20(1):25-29,2011

副院長紹介

矢吹 智子( Tomoko Yabuki )
  • 2006年3月 宮崎大学獣医学科卒(外科学研究室)
  • 2006年4月~2010年8月 タキモト動物病院(岡山県)にて研修医、勤務医
  • 2013年4月 小倉動物病院開院
興味のある分野
眼科
所属学会
日本獣医師会、北九州市獣医師会、日本小動物獣医師会、比較眼科学会
学会発表歴

ワクチン接種後に見られた免疫介在性血小板減少症の犬の1例 
有井智子、山崎亜矢子、田中和也、高田頌子、瀧本善之

  • 第43回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2007年8月5日(岡山市)
  • 日本獣医内科学アカデミー・日本獣医臨床病理学会、症例検討、2010年2月13日(東京)

2歳3カ月齢で消化器型リンパ腫を発症したミニチュア・ダックスフンドの1例
有井智子、辻登、瀧本義之

  • 第9回日本臨床獣医学フォーラム、ケースカンファレンス、2007年9月(東京)

胆嚢十二指腸吻合術を実施した猫の1例
有井智子、山崎亜矢子、田中和也、瀧本義之

  • 第44回岡山県小動物獣医学会,研究発表,2008年8月10日(岡山市)
  • 平成20年度日本小動物獣医学会〔中国〕、一般口演、2008年10月11日(鳥取県米子市)

シクロスポリンA治療を実施した壊死性髄膜脳炎の犬の1例 
有井智子、田中和也、山崎亜矢子、板本和仁、瀧本善之

  • 第10回日本臨床獣医学フォーラム、ケースカンファレンス、2008年9月21日(東京)

ビタミンD過剰症が疑われた猫の1例 
矢吹智子、高田頌子、田中和也、山崎亜矢子、瀧本義之

  • 第45回岡山県小動物獣医学会、研究発表、2009年8月9日
  • 平成21年度日本小動物獣医学会〔中国〕,一般口演,2009年10月11日(島根県松江市)

スタッフ紹介

【最左】院長 
【左上】篠原妃果利 
【右上】上野可奈未(看護師長) 
【最右】副院長
【左下】佐々木愛香 
【右下】本田八重乃

診療時間

午前/9:00〜12:00 午後/16:00〜19:00 ※休診日:火曜・祝日

※13:00~16:00は手術や検査を実施します。

※学会出席等により診療時間が変更になる場合がございます。

  • 診療対象動物 犬・猫
  • ペットホテル完備
  • 手術 可
  • ペット保険 利用可*
  • クレジットカード 利用可*
  • 駐車場有り

対応可能なペット保険はこちら
ご利用可能なクレジットカードはこちら