小倉動物病院 日曜診療・予約診療・ペットホテル、北九州市小倉

メニュー

手術実績

先天性門脈体循環短絡症(門脈シャント。猫)

Date:2015年7月3日

マンチカン、雌、5カ月齢、体重1.2kg。多量の流涎を主訴に当院を受診。

当院での血液検査にてアンモニアの高値(568μg/dl)を認め、また腹部エコー検査にて異常血管を認めた(図2)。門脈シャントを疑い、他院にCT検査を依頼したところ、シャント血管(左胃静脈?を介した門脈・奇静脈短絡)が認められ(図3、4)、後日当院にて短絡血管閉鎖術を実施した。

腹部正中切開にて開腹。後大静脈は重複後大静脈であった。短絡血管を露出・確保した後(図6、7)、腸間膜静脈を確保し、門脈圧の測定と門脈造影を実施。門脈圧は短絡血管遮断前3mmHg(図7)、完全遮断後24mmHg(図8)であったため、短絡血管の部分結紮を実施し(部分結紮後の門脈圧は10mmHg。図9)、短絡血管に誘導糸(2-0ナイロン糸)を設置した。この後、肝生検を実施し、腹腔内を洗浄し、閉腹した。術後の経過は良好で、流涎などの臨床症状は消失した。術後2カ月後に2回目の手術を実施。門脈造影にて肝内門脈枝は良好に発達していた(図10)。前回手術時の誘導糸(図11 矢印)を結紮し、短絡血管を完全閉鎖した。この後、卵巣子宮摘出を実施し、閉腹した。2回目の手術後の経過も良好で、現在2回目手術より13カ月が経過するが、、良好に推移している。

PSS猫 図1PSS猫 図2

 

診療時間

午前/9:00〜12:00 午後/16:00〜19:00 ※休診日:火曜・祝日

※13:00~16:00は手術や検査を実施します。

※学会出席等により診療時間が変更になる場合がございます。

  • 診療対象動物 犬・猫
  • ペットホテル完備
  • 手術 可
  • ペット保険 利用可*
  • クレジットカード 利用可*
  • 駐車場有り

対応可能なペット保険はこちら
ご利用可能なクレジットカードはこちら